【2018】新型シエンタ 最新マイナーチェンジ情報まとめ【トヨタ】

スポンサーリンク

トヨタが2015年にフルモデルチェンジした車種がシエンタ。初代はダサかったイメージしかありませんでしたが、かなり大胆に見た目がテコ入れしされたことで一躍人気車種に上り詰めたプチバン。

シエンタは利便性の高いスライドドアを採用し、そして三列目シートも搭載。ハイブリッドなども用意するなど、まさにシエンタの商品力はアップサイジングにもダウンサイジングにも適したプチバン。ただ販売は最近は落ち着きつつあります。

そのため、ついにトヨタ新型シエンタが初めてのマイナーチェンジを行うらしい。そこで今回は簡単に新型シエンタの最新情報をまとめてみました。一体いつマイナーチェンジするのか?など興味がある方はご覧ください。

トヨタ新型シエンタは2018年夏頃にマイナーチェンジ

まずはトヨタ新型シエンタのマイナーチェンジ時期。

結論から書くと、シエンタは2018年8月下旬ごろにマイナーチェンジを施す模様。具体的な販売時期までは不明ですが、現行シエンタが2015年7月に登場したためちょうど3年目が経過したあたりのタイミング。

いわゆる後期型というんですかね、マイナーチェンジ版の新型シエンタはおそらく7月頃から予約できるようになるはず。夏休み前ということで、購入予定がある方はトヨタディーラーに足を運んでみるのも良いでしょう。

シエンタはマイナーチェンジで何が変わる?

続いてはマイナーチェンジの目玉をチェックしたいと思います。

ただ結論から書くと「一部改良止まり」といった印象の内容。読み流し推奨。

まずはカタログ燃費。現行シエンタハイブリッドは27.3km/Lですが、エンジンの燃焼効率が高められることで「28.0km/Lに迫るかも?」と予想するのはマイナーチェンジ情報に定評があるマガジンX。

アクアなどに既に導入されている技術が新型シエンタにも受け継がれるんですが、フリクションロスを低減させるといった微々たる調整に留まるため、そこまで走りや燃費が今回のマイナーチェンジで大きく進化することはないでしょう。

またシエンタはエクステリアが若干テコ入れされます。

(トヨタ C-HR)

画像のC-HRのように左右ヘッドライトが繋がったように見せるガーニッシュが新型シエンタにも施される模様。

現行シエンタはヘッドライトから下にかけて黒い涙のようなデザインがあしらわれていますが、意外とマッチングしそう。そのためトヨタのエンブレムはフロントグリルから若干上に引き離される模様。

マイナーチェンジ後は内装の質感がアップ!

他にも今回のマイナーチェンジでは特別仕様車(G Cuero?)に使用されてる合皮コンビシートが全車に採用されて、シエンタの内装の質感がグーンと高まるっぽい。革巻きパーツの質感もアップする?

トヨタセーフティセンスCはそのままで新型セーフティーセンスに進化しないなど、先程も書いたように大きな目玉はありませんが、シエンタの商品力は無難に向上することは間違いなさそう。

ただマイナーチェンジを待たず、4月5月ぐらいに現行シエンタで値引き交渉してもいいかも。シエンタのデザインの質感はアップするものの、目先の10万円20万円を選んだ方が家計的には優しいでしょう。